ENGLISH
ホーム 当クラブについて 会則 新サービス ギャラリー ビデオリンク 問い合わせ バヌアツへ行ってきました!
vanuatu view
I WENT TO VANUATU - Letters from our community


 From:  ミエ
 Title:  言語?通じる!
 Date:  8/5 to 8/14
        読むのにこちらをクリックしてください

Satoko

8月5から14日にバヌアツへ行ってきました!
バヌアツに到着するまでは初めての一人旅ということもあって少し心細かったのです が、バヌアツに着いたとたん、がらりと気分が変わってしまいました。
まず初めは自然の美しさに目を奪われましたが、私がバヌアツで最も魅力的に感じた のは、バヌアツに住む人々の人柄でした。
私は英語さえ挨拶程度しか話せず、現地でのコミュニケーションはあきらめていまし が、帰国する頃に英語も進歩した上ではビシュラマ語(現地の言語)で挨拶や、 「〜できるの?」「〜したい。」「わかる。」「わからない。」などの言葉を覚えることができました。
ホテルの従業員やツアーガイドはもちろんのこと、街中にいる人たちが「Halo」 (英語のHelloと同じ意味です。)と声をかけてくれます。「I gud?」(元気?やgood?
Ok?という意味です。)「どこから来たの?」「どこへ行くの?」 「バヌアツは楽しい?」「〜は行った?」「〜へ行くんだ。それは I gud!」 「Nambawan!」など話しかけてきます。
現地に住む日本人に聞いたところ、「バヌアツ人同士もとても仲がよく、全員友達同 士なのではないかと思うことがある。」と言っていました。
滞在1日目で心細さがなくなった私は、タンナ島へ行ってみることにしました。
ポートビラには日本人が常駐するツアーディスクがあるので、何か困ったら頼ること ができるから大丈夫と思っていたのですが、タンナ島は英語かフランス語を話せない と困ると思って、タンナ島行きはあきらめていました。
でもバヌアツに住む人たちがとてもフレンドリーで明るく親切なことがわかると、 どうしても行きたくなり、バヌアツ人が経営するバンガローを予約しました。 (タンナ島にもリゾートホテルがありますが、バヌアツ人が経営しているバンガロー のほうが、 現地の人たちと話す機会が多くて楽しいかな。と思ったのです。)
タンナ島は世界で最も火口に近づくことのできる火山があることで有名な島です。
(今日本からの取材はタンナ島が多いようです。)
手付かずの自然が残り、古くからの文化を大切にする村があるタンナ島はとても力強 い魅力のある島でした。
タンナ島で初めて乗馬をしましたが、車ではとても登ることができないような山道を 一人で登ることができ、 とても楽しかったです。
バンガローの従業員の女の子や、同じバンガローに泊まっていたオーストラリアや ヨーロッパからの観光者の人たちと一緒に食堂で食事をしながら話たり、一緒にボル ケーノツアーに行ったり、楽しい時間をすごしました。
シュノーケリングで初めてシースネイクを見て怖がっていた私に従業員の女の子達が 誇らしげに 「バヌアツに危険な動物はいないわ。シースネイクも蜘蛛もフレンドリーよ!」と言 い、楽しそうに笑っていました。
バヌアツの人たちは大人も子供も本当に楽しそうに笑います。 バヌアツの人たちの顔つきは一見表情が険しく見えますが、笑顔が人なつっこくてと てもかわいいです。
犬や猫もびっくりするくらいフレンドリーです。 いつの間にか近寄ってきて、足をなめてきたり、ひざに乗っています。 そして、バヌアツにはたくさんの魅力的な島がたくさんあります。 ポートビラに住むバヌアツ人に話しかけられると、どの島の生まれかを教えてくれる 人が何人もいました。
その人たちの話を聞いていると、いろいろな島へ行ってみたいな。と思います。 次はたぶんサント島に行くと思います。
サント島はダイビングの穴場として人気があり、南大平洋で最も美しいといわれる 真っ白な砂浜のシャンパンビーチがあります。
水深21メートルもあるのに底まで見える透明度の湖、ブルーホールも魅力的です。
美しい自然も魅力的ですが、バヌアツの人々の笑顔はバヌアツに行かないと見ること はできません。
「百聞は一見にしかず。」です。
今、私はバヌアツを私のもうひとつの故郷のように想っています。
9月9日のパーティーのときにバヌアツで撮った写真を持っていきますので、 ぜひ見てください。

 From:  ミホ
 Title:  ファンタシーランド
 Date:  December 2006
        読むのにこちらをクリックしてください

Satoko

昨年の八月、二週間程バヌアツに行って来ました。その時の感動と衝撃は、私の人生観を変えるものとなりました。手つかずの自然や現地の文化に触れ、地球や人類の原点を目の当たりにし、言葉では言い表せないたくさんの感動を体験しました。
バヌアツの人々は自然と共存し、美味しいものを食べ、本当に皆明るくいい人達ばかりです。人々の笑顔は素直で美しく、生活環境など色々な面において、安全で健康に生きられる国だと感じました。また、首都ポートビラでは、これだけ自然が残された国にもかかわらず、大きく現代的なスーパーや、インターネットカフェ、レストランが充実しており、生活に困らないというのも驚きでした。特に市場では、良いものが安く手に入り、その場にいるだけで楽しくワクワクします!
二週間の間に国内の色々なところを見てきました。洞窟、海を眺めて入る温泉、信じられないほど真っ青なブルーホール(海水と雨水でできた池)、シャンパンビーチ、木々に囲まれた幻想的な小川、などなど挙げたらきりがありません。
小さな飛行機で別の島に渡り(またこの飛行機が楽しい!)、シャガンさんの酋長就任儀式にも参加させてもらいました。現地の人々が踊り、歌います。力強く大変に美しく、芸術的です。そういった伝統ある儀式を生で見られることは本当に貴重な体験です。そこで頂いた伝統の料理も美味しく、それらを体験出来た事を大変嬉しく感じました。また、皆でトラックの荷台に乗りジャングルを走りました。一本一本の木々が物凄く大きく、不思議な形をしています。今にも恐竜が出てきそうな壮大で豊かな自然に言葉が出なくなります。
今もバヌアツを思い出すと、夢だったのではと思うくらいに、私の想像を遥かに超える世界がありました。
バヌアツに行くのを決めたのは本当に偶然でした。そのうち行こうと思ってはいましたが、またの機会またの機会と延ばしていました。たまたまこういった機会に恵まれて、軽い気持ちで行っただけだったのに、帰る時には私にとってバヌアツは特別な存在になっていました。海外に行き、帰る時に涙が出たのはこのときが初めてでした。
バヌアツを言葉で伝えきるには限界があるように感じます。是非一度行ってみて下さい。

バヌアツに行けたことにホント感謝!!そして、また行きます!!

 From:  名前:サトコ K.
 Title:  題名:亀さんの国
 Date:  December 2006
        読むのにこちらをクリックしてください

Satoko

私たち家族は昨年の3月に初めてバヌアツを訪れ、バヌアツという国がとても気に入り、 今年の3月にもまた、今度は滞在日数を増やしてバヌアツを訪れました。
そして今回も、改めて、バヌアツの自然の豊かさ、(特に海の水の透明度!!)食べ物の豊富さ、優しい現地の方々に出会うことができました。
今回の滞在中にはCangoola Cruiseという1日日帰りのクルーズに参加をし、 離島まで船で渡ってシュノーケリングなどを楽しんだのですが、 海の水の透明さは信じられないほどでした。水深おそらく5m以上のところまで泳いでみたのですが、海底の小さな魚、砂すらもくっきりと見えるほどで す! もちらん、たくさんの魚以外にも、色鮮やかなひとでや見たことのない生物まで、さまざまなものに海の中で出会うことができました。
今回バヌアツに行くまで、幼稚園のプールレッスンが嫌いでいつも泣いていた4才の娘が、泳ぐことを好きになり、 浮き輪の腕輪さえあれば、沖合い何mでも海の中を一人で泳げるようになったことは、私たち家族にとって今回の旅行でも一番の収穫かもしれません。
さらには、そのクルーズの行きも帰りも30頭近くの野生のイルカが私たちの船と寄り添って15分から20分近くも一緒に泳いでくれました!! これには娘も、また同乗していた子供も大人も大喜びでした。
今後行かれる方はぜひこのクルーズに参加することをお勧めします! 街中でカンタンに申し込みができます。
また、バヌアツの土地を中心とした不動産の価値はこの1年だけでも2倍近くに上がっているとのことで、 今回ステイさせていただいたオーストラリアから移住してきた友人宅(小学生の子供3人の家族)は 去年2500万円ほどで2000平方メートルの土地に家を建てたのですが、 すでに今では4500万円ほどに値上がったので、いい時期に移住をしてきて本当にラッキーだったと話していました。
また現地に多くいるオーストラリア人の方々は本当にフレンドリーで、 ほとんど毎週ホームパーティなどがあり、非常に密接にコミュニティを作っている様子で、 私たち家族も毎週2−3回はちょっとしたパーティに参加させていただきました。 前回も今回もオーストラリアの方が経営しているあるレンタカー会社を利用したのですが、 彼いわく、「何かビジネスを始めるなら他のどんな国よりも、今バヌアツがビッグチャンスだ。始めてすぐに順調になるかは保障できないが、 確実に毎年順調に伸びていく。」と話してくれました。実際彼はバヌアツで会社を始めて3-4年になるそうですが、毎年順調に安定して伸びているそうで す。
また、私たちクラブの土地の位置を説明して様子を聞くと、「今そのすぐ近くにゴルフ場の開発が進んでいて、そのゴルフ場を裏庭に眺めるような立地のリ ゾートを大々的に開発し始めていて、それに伴ってその周辺にレストランなどのオープンの予定もあるから、これから開発が進んでいくだろう。」とも話して くれました。
昨年以来、新しいリゾートホテルや冷蔵庫・洗濯機完備のきれいなアパートメントも次々オープンしていて、滞在の半分はそういったアパートメントに宿泊し たのですが、とても快適なリゾートでした。
昨年同様、日本に帰国する際には名残惜しい気持ちでバヌアツを後にしましたが、今回の旅行でバヌアツという国がこの1年だけでもずいぶんと開発が進み、 ビジネスチャンスが増えていることがわかり、収穫のある旅行となりました。(ちなみに、今現在、バヌアツ人口が2万人、オーストラリア人口が1万人に なったそうです!!) 私たち家族、特に4歳になる娘は、また「亀さんの国」(娘は「バヌアツ」のことをこう呼んでいます!)に行きたいと楽しみにしております。

Home Who We Are the Charter New Services Picture Gallery Video Links Press Contact Us